<テクニカルレポート>
Byte Pair 符号化を用いた命令ROM圧縮

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿では,組み込みシステムにおける命令ROMの面積削減を目的としたオブジェクトコードの圧縮手法を提案する。Byte Pair符号化はデータ圧縮などに用いられているが,原理が簡単であるので,オブジェクトコードの圧縮にも効果が期待される。特に,命令セットやコンパイラの性質と独立な圧縮が行え,デバッグやバージョンアップによるオブジェクトコードの変更にも柔軟に対応できる。Byte Pair符号化を使ったオ...ブジェクトコード圧縮の実験をし,ROM面積の削減に効果があることを確認した。また,他の手法と定性的に比較を行なった。
In this report, we propose an object-code compression method on instruction ROMs in embedded systems. We apply the Byte Pair encoding to the code compression, which has a very simple coding/decoding scheme. In the proposed method, the compression algorithm is independent of characteristics of compilers and instruction sets, and it is also flexible for program changes by debugging and version-up. We demonstrate the effects of the code compression by the Byte Pair encoding on the reduction of ROM area. We also show the comparisons of this method with other approaches from several viewpoints.
続きを見る

本文情報を非表示

Monzen01_1 pdf 124 KB 154  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.24