<紀要論文>
身体運動に対する態度と行動に関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of the present study was to clarify the relationship between verbal attitude toward physical activities and overt behavior. Attitude scale toward physical activities and quationnaire of sp...ort for a week were administered to 2,167 boys and girls of secondary schools and universities in Fukuoka city during November through December in 1975. Attitude scores were calculated to based on the Likert method and the coefficients of correlation between attitude and behavior were calculated separately according to grade and sex. The results obtained were as follows ; 1. Significant relationships were shown between total attitude score and actual behavior in both boys (r=.264 P<.01) and girls (r=. 383 P<.01) . Too, significant relationships were recognized between each score of the three factors of attitude organization and actual behavior. Consequently, it was suggested that the behavior was predictable from attitudinal variables. 2. But, attitude-behavior relationship was high in the first year (freshman) and was low in the third year (sophomore in university) . Furthermore, this phenomenon was the same in both boys and girls in junior high school, high school and university.
福岡市内の中学生,高校生,大学生を対象にして身体運動に対する態度と行動の関係について分析してきたが,つぎのように要約することができる。1.身体運動に対する態度の学年差は男子では高学年になるにしたがって,あるいは,加齢にともない好意的態度が形成されていた。女子では中学で高学年ほど好意度が低かったが,高校,大学では高学年ほど好意的態度がみられた。しかし,大学生の態度は高校生より好意度が低かった。2.身体運動に対する態度の性差は合計得点では高校2,3年を除き,男子が好意的態度であった。男子は第1因子(不快的感情を伴った非行為的因子)および第3因子(快的感情を伴った行為傾向的因子)の中学,大学で好意度が高く,女子は第2因子(認知的因子)の高校で好意度が高かった。3.運動量の学年差は男女共通して中学,高校,大学とも高学年になるにしたがって運動量は減少し,「最終学年スポーツ減少説」を提起できた。4、運動量の性差は高校3年を除き,中学,高校,大学のいずれの学年においても男子の運動量が多かった。5.態度と行動の相関では,態度の3因子および合計得点と行動の間に,いずれも有意な相関が認められた。男子は合計得点,女子は第3因子に最も高い相関がみられ,3因子の中では男女とも第3,第1,第2の順序で相関が高かった。これらの態度得点から行動を予測することの可能性が示唆された。6.態度と行動の相関についての学年差は中学,高校,大学とも男女共通して高年になるにしたがって相関が低くなった。とくに,この傾向は男子は高校,女子は中学において顕著で,男子の高校3年と女子の中学3年には態度と行動に不一致がみられた。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092713-00001 pdf 818 KB 423  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12