<紀要論文>
臨床看護師の道徳的感性の特徴に関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Nurses face various conflicts in the clinical setting with regards to patients, such as telling the truth and informed consent. In order to cope with these situations, it is important to habitually en...hance ethical sensitivity. The purpose of this study is to clarify the characteristics of both recognition and coping patterns that nurses have to utilize during the above conflicts. I investigated the moral sensitivity of 278 nurses in three hospitals using the MST(Moral Sensitivity Test). Within each hospital the nurses were divided into 2 groups: those with experience of seven years or more, and those with less than seven years experience. A comparative analysis was done by the t-test and pearson’s correlation using the scores of the MST. The results indicate that the category of autonomy as a professional nurse (e.g. conflicts, decision making, trusting the doctors’ or other nurses’ judgment, following rules, and lack confidence for nursing profession) was significantly different according to the experience of the nurses. Their conflicts were significantly different in accordance with educational background
病院告知やインフォームドコンセントなどの看護師は臨床の場において,様々な葛藤場面 に直面している。葛藤場面に気づき対処するためには,日頃から倫理的な感性を育てておく ことが大切である。本研究の目的は臨床看護師が日々の業務の中で遭遇する葛藤場面での認 知と対処の特徴を経験年数および学歴との関係で明らかにすることである。方法は総合病院 の病棟看護師278 名を対象にMST(Moral Sensitivity Test)を用いて,調査を行った。看護師を 経験年数(7 年未満群と7 年以上群)により分類し,MSTの差をt検定,pearsonの相関係数を用 いて分析した。調査の結果,葛藤,意思決定,医師・同僚の判断への信頼,規則への従順な ど専門職としての自律,看護師に適していないと感じる内省的態度に関しては統計上の有意 差が認められた。学歴(専門学校・准看卒と短期大学・大学卒)では「問8  対象者にどの ように答えるべきかわからなくなる時が,たびたびある」の葛藤では,D群(3年課程専門学 校卒・准看護師学校卒)が高く,「問29  回復する見込みのほとんどない対象者に良い看護を 行うのは難しいことだと思う」ではC群看護系短期大学卒・看護系大学卒が高く,有意差がみ られた。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2006-1_07 pdf 963 KB 1,821  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.31