<紀要論文>
一般病棟看護師のがん性疼痛に対する捉え方の検討 : 疼痛及び睡眠のコントロールが困難ながん患者の一事例から

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this research was to show how nurses in general hospital wards perceive the pain of cancer patients, in order to discuss the issues of palliative care. As a source for our research data..., we used the nursing record of one cancer patient who had suffered from pain and insomnia. We also interviewed six nurses who had taken care of the same patient. We analyzed these data by the qualitative and inductive method. As a result, 20 categories emerged from the data analysis of the nursing record, while the contents of our interviews were categorized into five items. We herein discussed how the nurses tended to perceive a cancer patient from the viewpoint of physical consequences. In addition, the nurses acquired some information about total pain which included four types of pains (physical, psychological, spiritual, and social pain). However, they were unable to effectively utilize the acquired information because they failed to explore the aspect of total pain. We suggest that nurses need to share more information among more nurses.
本研究の目的は、疼痛と不眠を繰り返した一般病棟におけるがん性疼痛患者を事例として、 看護師ががん性疼痛をどのように捉えていたかを明らかにし、一般病棟におけるがん性疼痛 患者のトータルペインの理解に向けた具体的な課題を見出すことである。本事例の看護記録 と看護師の聞き取り調査を研究対象として、それらを質的帰納的に分析した。がん性疼痛患 者の理解には、痛みや睡眠などの身体的痛みに注目する傾向があった。また、心理・社会的痛 みに関する情報も部分的に獲得していた。しかし、これらの情報の意味が探求されておらず、 看護師間において有効に活用されていなかった。がん性疼痛を理解するには、得られた情報 の意義を理解するとともに、看護師間における情報の共有化が必要であることを考察した。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2006-1_04 pdf 918 KB 783  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.23

この資料を見た人はこんな資料も見ています