<紀要論文>
高齢者の体力維持に果たす水中運動と陸上運動 : (自彊術)の有用性の比較

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study was to compare physical ability and physical characteristics of elderly women between water exercise and gymnastic one. For 1 year, we examined 31 elderly women whose average... age was 60. A water exercise group included 21 elderly women and a Jikyojutsu gymnastic group consisted of 10 elderly women. As for physical characteristics, the average height of the gymnastic exercise group was slightly higher than that of the water exercise group. After 1 year, the mean percentage of fat mass was reduced in the gymnastic exercise group without change of weight. This indicated that muscle mass increased by the gymnastic exercise for 1 year. Other physical characteristics showed no significant change. The average estimated maximal oxygen uptake increased in the gymnastic exercise more than in the water exercise. Sitting trunk flexion was already superior in the gymnastic exercise at the start of the study. However, it decreased in both groups after 1 year. Abdominal muscles were strengthened by the water exercise. Other physical fitness such as 10-minute walking with or without obstacle and balancing on one foot were maintained after 1 year. Exercise in the water could be more easily performed by elder people and people with overweight problems. The results of this study suggested that water exercise could be more beneficial by adding flexibility exercises in the gymnastic exercise, and could maintain and promote physical fitness of elder people.
本研究では高齢者にも継続が可能と思われる穏和な水中運動が陸上運動と遜色なく体力維 持に有用であるか検討した。対象は前期高齢女性31 例(平均年齢60 才)で,水中運動群は 21 例,自彊術という柔軟体操を主体とする陸上運動群は10 例であった。各運動を1年間継続 しその効果を検討した。体格では両群とも身長が維持され,陸上運動群では体脂肪率が有意 に低下し筋肉量の増加が考えられた。旧文部省の新体力テストに基づいて実施した体力測定 では,これまでの運動の継続による効果のため開始時から平均的同年代の運動能力より有意 に勝っていた。経時的変化では陸上運動群は柔軟体操を取り入れた健康体操を行っているた め柔軟性において水中運動群より優れていたが,1年間の運動継続の後に柔軟性の指標であ る長座位前屈は両群とも僅かに減少した。その他は全ての運動能力が維持ないし向上してお り,陸上運動群では最大酸素摂取量が水中運動群に比べ向上した。水中運動群は陸上運動群 に比べ上体起こしが1年間で改善し水流による腹直筋の筋力増強が寄与していると考えられ た。水中運動は関節障害や肥満者など陸上運動が困難な高齢者においては有用な運動方法に なることが示唆された。本研究から柔軟体操を主体とした陸上運動は柔軟性や敏捷性の維持・ 向上に有用であり,水中運動に柔軟性を向上させる運動や下肢筋力を増強させる運動を加え ることにより高齢者における理想的な運動となり得ることが示唆された。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2006-1_03 pdf 1.47 MB 292  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.31