<紀要論文>
妊娠出産情報入手媒体としての携帯メール : 入手を希望する情報と属性との関連

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 This is a basic study on the preference of using cell phones to collect information for pregnancy and delivery. Data was collected by distributing questionnaire to those who attended parental school p...rograms. A total of 155 respondents, including 85 females and 70 males, were asked whether they would prefer using cell phones when they need to collect information for pregnancy and delivery. The most frequently preferred information is "Information on maternal classes" (65.4%), followed by "Information on hospitals through impression of mothers and families", "Information on social welfare system on child raring and bearing", and "Information on child care utensils" (60.8% respectively). The result of Chi-square test indicated that those who had social support to ask for information on pregnancy and delivery were more likely to prefer using cell phones to collect information on "prenatal tests"(p<0.05), "personal experience of delivery"(p<0.01) than their counterparts. On the other hand, those who had internet-accessible personal computers at their home or their work place were less likely to prefer using cell phones to collect information on "hospital facilities" (p<0.01), "hospitals through impression of mothers and families" (p<0.001),"prenatal tests" (p<0.05), "food to avoid eating during pregnancy"(p<0.01), "delivery method" (p<0.05), "baby's growth process" (p<0.05) and "to know how other pregnant mothers control their weight"(p<0.05). The result of this study suggested that those who are rich in experience of using personal computers are likely to know the merit and demerit of using cell phones to collect information, as information provided through cell phone is limited, due to the capacity of data transmitting and browsing.
本研究は,妊娠・出産情報を収集する手段としての携帯メールの使い方に関する基礎的研 究である。データは,出産前教室の参加者に対する調査票を配布して入手した。 計155 名の回答者(うち,女性85 名,男性70 名)は,予め想定された21 項目の妊娠・出 産情報を入手するのに携帯メールを使うことを希望するかどうかを尋ねられた。携帯メール を用いて入手することが最も希望される情報は「マタニティ教室の情報」(65.7%)であり,続 いて「出産する病院選びの際,ある病院についての評判を知りたい時」「お産に関する休暇制 度(産休・育休など)の内容について知りたい時」「ある育児用品について,それを使ってい る人の感想を知りたい時」(各60.8%)の順で多かった。 カイ二乗検定の結果,妊娠・出産に関する社会的支援を持っている者は,そうでない者に 比べ,よりよく携帯メールを使って妊娠・出産情報,具体的には,「妊娠中の検査について知 りたい時」(p<0.05),「先輩ママの出産体験について知りたい時」(p<0.01)について入手する 傾向があった。 一方,インターネットに接続することのできるパソコンを,自宅や職場に持っているかどう かと,「出産する病院選びの際,ある病院の施設や特色について知りたい時」(p<0.01)「出産 する病院選びの際,ある病院についての評判を知りたい時」(p<0.001)「妊娠中の検査」(p<0.05) 「妊娠中に妊婦さんが食べてはいけない物について知りたい時」(p<0.01)「出産の方法の概要 について知りたい時」(p<0.05)「赤ちゃんの成長具合について知りたい時」(p<0.05)「他の妊 婦さんがどのように体重管理をしているか知りたい時」(p<0.05)の各項目では有意な差を見た。 それぞれ,パソコンを持っている者で,そうでない者よりも,携帯メールを使って情報を収 集する傾向が少なくなっていた。 本研究の結果は,パソコンを使う頻度の高い者は,携帯メールの長所,短所を知ることが でき,受送信可能な容量の限度を知っていることから,携帯メールを使うことを敬遠する傾 向があると思われた。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2006-1_01 pdf 1.0 MB 152  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.07.07
更新日 2017.01.23