<紀要論文>
虚血性心疾患患者の不安・ストレス・家族関係と自尊感情の関連性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study is to clarify the relationships of anxiety, stress and the family support to self-esteem in patients with ischemic heart disease, who received coronary artery intervention. 1...43 patients were enrolled to this study. The questionnaire survey included such scales as, self-esteem; Rosenberg Self-Esteem Scale, anxiety; Hospital Anxiety and Depression Scale, stress; Daily Irritation Scale, and family background; Family Support Scale and Family Environment Scale. The following were mutually related: anxiety, stress and the family support. Self-esteem was related to anxiety, stress, and the family support. Significant variables in the regression equation were family support, anxiety, age, arrhythmia, and restenosis. Results indicated that the level of self-esteem showed negative association with fear family support, strong anxiety, elder, and arrhythmia. The results suggest the need to instruct patients with ischemic heart diseases and their family members on how to cope with their anxiety or stress effectively.
本研究は,冠動脈インターベンションを受けた虚血性心疾患患者の不安・ストレス・家族関係と自尊感情の関連性を明らかにすることを目的とした。調査内容は,自尊感情(RSE),不安(HAD-A),ストレス(日常苛立ち事),家族関係(家族サポート・FES結びつき・FES組織性)などである。237名中145名から回答を得た(61.2%)。そのうち,欠損値の多い2名を除き143名を分析対象とした。平均年齢は69±8歳,男性105名・女性37名・不明1名であった。不安が強いこと,日常苛立ち事が多いこと,家族の組織性が弱いことは相互に関連しており,それらは自尊感情と関連していた。重回帰分析の結果,家族サポート・不安・年齢・不整脈の有無・再狭窄の有無が影響要因として示された。虚血性心疾患患者の精神的健康において家族からのサポートが得られるように援助すること,不安を軽減することが重要であり,家族関係を調整していくこと,家族を含め,不安やストレスへの対処法を指導していくことが必要であると考えられた。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2005-2_02 pdf 1.12 MB 1,222  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.20

この資料を見た人はこんな資料も見ています