<紀要論文>
The Lifestyle and Daily Stresses of Filipino Migrant Workers :A Survey on Church Attendants in Greater Tokyo and Greater Seoul Area

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 A cross-national survey was made in both Japan and Korea to find the basic data of the lifestyle and daily stress of Filipino workers.The respondents were the mass attendants of Tokyo(n=265)and Seoul ...Area(n=401).The characteristics of Filipino differed in some social economic status,such as gender distribution,age,and length of stay.More males are in Japan(69.6%)than in Korea(59.5%).Their average age is higher in Japan(33.8(±7.0)years old)than in Korea(29.3(±6.0)years old),and their average length of stay is longer in Japan(50.4(±31.6)months)than in Korea(33.1(±21.7)months). On the other hand,as for conversational ability and economical condition of families in the Philippines,the latter is one of the biggest reasons for them to work overseas; there was no difference between the two host countries.Regarding the social support networks in the host countries,Filipinos in Korea are easier to find emotional and informational support than those in Japan.Concerning the daily stress experienced by Filipinos in both Japan and Korea,no significant difference was found except for the dissatisfaction with housing condition. The survey indicated that despite the fact that most of the subjective daily stresses did not differ between two countries,there are some differences in the social circumstances between Japanese and Korean society,in terms of accepting foreign workers.This may reflect the fact that per capita based number of foreign residents in Korea is two times higher than in Japan; therefore,the co-habitation with foreigners in Korea is advanced than in Japan.
本研究は,日本と韓国におけるフィリピン人労働者のライフスタイルおよび日常生活ストレスを比較することを目的で行われた国際比較調査である。本調査の研究対象者は,東京およびソウルにおけるカトリック教会のミサに参加するフィリピン人で,それぞれ東京は265名,ソウルは401名である。二カ国間では,フィリピン人の社会経済的属性のいくつかにおいて違いが見られた。例えば,性別の分布,平均年齢,平均滞在期間である。具体的には,男性の割合は,韓国(59.5%)よりも日本(69.6%)の方で有意に多かった。また,フィリピン人の平均年齢は韓国(29.3(±6.0)歳)よりも日本(33.8(±7.0)歳)で有意に高く,平均滞在期間は,韓国(33.1(±21.7)ヶ月)よりも日本(50.4(±31.6)ヶ月)で有意に長かった。 日常生活会話や在比家族の経済的状況については,有意な差はみられなかった。ホスト国における社会的支援に関しては,在韓フィリピン人の方で,在日フィリピン人よりも情緒的,情報的支援を得やすい傾向があった。一方,日常生活ストレスについては,「住環境に関する不満」の項目を除き,有意な差がある項目はみられなかった。 本研究は,日韓におけるフィリピン人の認識する日常生活ストレスのほとんどにおいては,二カ国で差を見なかったが,外国人労働者を受け入れる側としての社会の態勢としては,若干の差があることが考えられた。このことは,人口あたりの外国人労働者数が日本の2倍である韓国において,より外国人との共生が進んでいることを表しているものと思われる。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2005-1_03 pdf 4.27 MB 325  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.31