<学術雑誌論文>
ウィレム・バイレフェルトの金銭出納簿

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 Expense journal kept by Willen Bijlevelt during his stay there in 1650. It shows what he and his three companions (Caspar Schamberger, Jurian Schedel, Jan Smid) were eating and drinking, what they nee...ded when visiting high ranking officials, or demonstrating the mortars brought to the court by the special envoy Andries Frisius. This journal shows that the Dutch were brewing their own beer using brown sugar and rice. Bijlevelt also registered all expenses during their journey back to the Dutch trading post Dejima in Nagasaki.
1650年4月16日~10月14日まで射撃術や医術の教授のため江戸での長期滞在が許された出島蘭館員ウィレム・バイルフェルト、ユリアン・スヘーデル、カスパル・シャムベルゲル、ヤン・スミト等の、オランダ国立文書館で見つけた出納簿を紹介している。本論により、オランダ人の毎日の食生活、外出の様子、生活、患者の医療、臼砲による射撃に必要な材料や道具などに関することが明らかになった。
続きを見る
目次 Introduction (Japanese) Table of daily expenses (Dutch)

本文情報を非表示

42_Bijlevelt_hi_res pdf 25.6 MB 83 complete text (high resolution)

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.11.28
更新日 2017.01.20

この資料を見た人はこんな資料も見ています