<紀要論文>
大正期の医学誌からみた産児調節

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The birth control in the medical wor1d of the Taisho era was mainly conducted by artificial abortion whose right and wrong had been discussed, and the women could not prevent conception by themselves.... Furthermore, there was no discussion about the necessity of the education to prevent the artificial abortion.続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075239-00001 pdf 801 KB 577  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.05.17
更新日 2018.08.31