<紀要論文>
Childbirth in Japan Compared with Childbirth in USA : Implications for Birth and Safety in Health Care

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The infant mortality rate was 3.8% in Japan and 6.8% in the United States in 1999. Even though the maternal death rate per 100,000 people is 7.1% in both Japan and the U.S., how does Japan have such a... low infant mortality rate? This paper will present a general understanding of the way childbearing is handled today by Japanese people in comparison to Americans, touching on controversial and important issues in both cultures.
1999年における日本の幼児死亡率は3.8%と米国の幼児死亡率は6.8%と比較して低い。母体死亡率は ほぼ同様であるのに、何故日本の幼児死亡率がこのように低いのか?本稿では今日の日本における分娩 の様式について米国と比較し、これに関連して両国の文化における議論の多い重要な問題点について論 じる。
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2003-1_03 pdf 762 KB 68  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.08.31