<テクニカルレポート>
社会基盤としてのRFID に関する考察 : 非接触型IC カードおよび無線タグの技術発展経過と実用化

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本稿では,システムLSI の応用技術として注目が高まっている非接触型IC カードや無線タグなどの RFID 技術について,その技術開発の経過や技術的特徴を整理した後,「社会基盤としての特徴」を抽出 し,実用化に向けてポイントとなる分析視点を提示する.具体的には,ID の対象が「ヒト」か「モノ」 かによって社会性がどのように異なるか,また,磁気カードやバーコードなどの競合する既存技術との 関係で,無...線技術とIC の結合が実用化の条件としてどう異なるか,さらに,導入側と利用側で実用化 の目的や効果がどのように異なるか,などを検討し,「社会基盤としてのRFID」の分析的枠組を浮き彫 りにする.続きを見る
目次 1. はじめに, 2. RFID の技術開発と実用化の沿革, 3. RFID の技術的特徴, 4. 社会基盤としてのRFID, 5. おわりに

本文情報を非表示

discussionpaper pdf 270 KB 71  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2009.09.09
更新日 2018.08.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています