<紀要論文>
ゲオルグ・マイステルの日本語研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 ゲオルグ・マイステルの日本語研究 バタビアにおいて東インド会社の薬草園を担当していたドイツ・チューリンゲン生まれの庭師ゲオルグ・マイステルは出島商館長を務める同胞アンドレアス・クライエルと一緒に1682ー83年および1685ー86年に来日した。合計2年間に亙って彼は日本の植物及び日本語について積極的に調べ、帰国後、それら収集の諸成果を、ドレースデン宮殿の「宮廷園師」として、東インドで入手したその他...の様々な資料とともに1692年に発表した。筆者はケンペル、ツンベリなどの植物名と比較しながらマイステルが紹介した植物名を解明し、日本語の単語集及び談話例を分析している。最後に、この日本語のローマ字表記に見られる当時の発音の幾つかの特徴およびマイステルの認知上の諸問題を論じている。 * 前書き、 * 略歴、著書「東方・インドの庭園技師」の出版とその背景、 * 日本の植物についての記述、 * 日本語の単語集、 * 日本語の談話の例、 * 日本語の「ABC」、 * マイステルの日本語のローマ字表記の分析続きを見る

本文情報を非表示

026 pdf 30.1 MB 270 Complete text

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.31