<紀要論文>
ツァハリアス・ワーゲネルと日本について : 「雷男」の自伝

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 ツァハリアス・ワーゲネルと日本について — 「雷男」の自伝。   17世紀半ば頃の長崎出島蘭館長ツァハリアス・ワーゲネルは有田の磁器を初めて発注したことと明暦の大火を観察したことでよく知られている。彼の出生地ドイツ、ドレースデンで発見した手書きの自伝を紹介、分析している。 前書き、 オランダ国立文書館およびドイツ、ドレースデン銅版画資料館にあるワーゲネル関係の資料の概略、ワーゲネルの自伝、全文の紹...介(注釈付き)続きを見る

本文情報を非表示

28 pdf 12.3 MB 751  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2013.05.13
更新日 2015.11.06