<その他>
村上玄水著『富国篇』とその背景

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 村上玄水著『冨國篇』五〇の提言は、中津領内で実践的に行いうる政策の提案と、中津外部への視線(無人島)とに分けられる。さらにまた前者は、『孟子』をはじめとした儒教書からの引用に基づくものと、現実社会を見つめ考案し提唱したものとの二通りに分類できる。まず『冨國篇』のテキストおよび文献データの提供を行い、そこに見られる玄水の五〇提言を紹介し、加えてこれら提言がなされた背景、言い換えれば玄水を取り巻く環境...を考察し、どのような情報源や知識、および認識に基づいて『冨國篇』がなされたのかを解明した。続きを見る

本文情報を非表示

Fukokuhen pdf 30.8 MB 231  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.14