<紀要論文>
病院における部下の不満対処方略が上司行動に及ぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this research is to examine the effect of subordinates' coping behavior with discontents on their supervisor's leadership behavior. We conducted a survey to groups of supervisors (chief...-nurses) and their subordinates. The result was as follows: It was found that supervisors who recognize that their subordinates select directive and active coping behavior with discontents had higher P- and M- scores toward their subordinates than those who have subordinates with indirective and passive coping behavior. This result was discussed from the viewpoint of the way of selecting subordinates' behavior in work place and of establishing relationship between a supervisor and subordinates (especially importance of communication on negative events).
本研究は,部下の不満対処方略に対する上司の認知が,上司のリーダーシップ行動に及ぼす影響について吟味することが目的である。このことを検討するために,上司(主任看護婦)とその直属の部下を対象に調査を行った。その結果,部下が経験した不満を直接的かつ積極的に解決していると認知する上司は,不満を潜在化させるような間接的,消極的な対処をしていると認知する上司よりも,その部下集団に対してP行動とM行動を多く用いていることが明らかになった。このことについて,職場内での部下の行動のあり方や上司一部下間の関係性構築(とくに,ネガティブな事象に関するコミュニケーションの重要性)の観点から考察した。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075222-00001 pdf 590 KB 310  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.05.17
更新日 2018.08.31