<紀要論文>
17世紀の出島蘭館医が交付した阿蘭陀外科免許状について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 17世紀の出島蘭館医が交付した阿蘭陀外科免許状についていわゆるカスパル流外科の誕生後、1650年代から約30年間オランダ東インド会社の外科医が日本人「弟子」に外科免許状を交付していた時期がある。このような免許状は蘭方医としての経歴上、有用なものとされていたようであり、初期紅毛流外科の医学的・社会的受容を示す重要な史料である。本稿ではオランダ東インド会社の新しい史料に基づいてその免許状交付に至る歴史...的展開を追究した上で、現存の免許状及び出島商館の阿蘭陀通詞が付録として作成した和文を比較・分析している。また、現存する五通のうち、これまでその背景が明らかにされていなかった一通の免許状の取得者太田黒玄淡の生涯を解明する。続きを見る

本文情報を非表示

069 pdf 11.2 MB 126  

詳細

レコードID
selfDOI
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.18