<紀要論文>
図書館の自動化&電子化へのICタグの新たな活用-電子図書館新サービスへ向けての次なる方策-

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ICタグの図書館への導入が進んでいる。その主な目的は、貸出・返却処理や蔵書点検の効率化や簡易化である。しかし、ICタグシステムの導入にはリーダなどの新たな設備が必要であり、また、未だかなり高価なタグを貼付するという運用コストがかかる。費用対効果を検討した結果、導入を断念する図書館も多い。本稿では、ICタグのもつ自動認識技術の側面に注目する。図書館内における利用者や資料の動きに関するデータを収集し、...それを解析することにより、データに基づいた利用者サービスの実現、蔵書構築、書架配架などを実現する手法を提案する。続きを見る

本文情報を非表示

2004_003 pdf 459 KB 174  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.18