<紀要論文>
産科業務における助産婦の性別役割意識

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This paper describes the results of survey on hospital midwives' sense of jender role, and the discussions were made on how they perceive maternal ideology based on recent ideas of feminism. Results o...f survey revealed that midwives working in hospitals have concept of maternity different from that of so-called maternal ideology. Furthermore they also revealed that their concept of sexual role is different from that of the general and traditional idea of specialization. They, however, did not consider their works from the standpoint of gender. From the studies, the necessity of expansion of idea of maternity for the support of women's health has been suggested.
1.「女性は生来的に母性に恵まれている」とする考え方は,生殖機能を越えた母親のあり方までも規定するものではなかった。2.伝統的性別役割について肯定する者は極めて低率であった。3.女性問題の学習経験は少数であり,産科業務をジェンダー的視点から捉えなおす気運は認められなかった。4.職域を離れての地域活動や女性間題学習の経験者は約2割であり,その活動範囲は狭いものであった。5.「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」の概念は,殆どの助産婦に十分な理解がなされていなかった。また,これは学歴・年代による有意差がなかった。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075216-00001 pdf 721 KB 132  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.05.17
更新日 2018.08.31