<研究報告書>
ある拡張型離散戸田方程式の漸近挙動について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 中心多様体理論を利用すると,力学系を低次元化して平衡点付近における解挙動を調べることができる.本報告では,離散戸田方程式の拡張と見なせる離散可積分系に関連する中心多様体が存在することを示し,平衡点付近における解が平衡点へ指数的に収束することを明らかにする.

本文情報を非表示

Article_No_24 pdf 214 KB 54  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
注記
タイプ
登録日 2013.08.27
更新日 2017.11.02