<紀要論文>
血清補体価と補体成分C3,C4値の比較検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study is to clarify the relationship between serum complement hemolytic activity(CH50) and C3, C4 values. As the results, the following findings were obtained. 1. The CH50 low leve...l was genellaly found in the material from women patients. 2. The values of CH50 and C3,C4 were very well correlated.
5,330検体のCH50、C3、C4の測定値を用いて、CH50とC3、C4値との相関性について比較検討を行い、つぎのような成績を得た。 1) CH50が正常範囲内のものは66.7%で、全検体の男女間の比率は3:7で、圧倒的に女性由来の検体が多かった。 2) CH50とC3との間には、相関係数O.841、Y=1.30X+16.99と、CH50とC4との問には、相関係数O.750、Y=O.66X-1.44と良好な相関が認められた。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075176-00001 pdf 317 KB 6,447  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.05.18
更新日 2018.08.31