<紀要論文>
看護専門学校におけるクラス担当教員のリーダーシップ : 行動測定尺度の作成とその妥当性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 In this study, we constructed a measurerment scale of class-teacher's leadership behavior in school of nursing, based on PM leadership theory (Misumi, 1984), and examined its validity. A total of 2277... students in school of nursing responded a questionnaire asking about their class-teacher's leadership behavior and their morale. The results were as follows (1) A factor analysis of the ratings of leadership items revealed four factors and twenty items were selectd to measure P and M behavior. (2) Teachers were classified into four types, i. e., PM, P, M and pm, depending on the mean ratings of P and M behavior. (3) As for leadership effectiveness ranking in students' morale, the PM-type was the most effective and the pm-type was the least, with the other two types (P-and M-types) in between. This leadership effectiveness ranking supported the validity of this mesurement scale and was consistent with the results obtained in other studies based on PM theory.
本研究では、看護専門学校におけるクラス担当教員のリーダーシップPM行動測定尺度を作成し、その妥当性を検討した。調査の回答者となった看護学生数は2277人。リーダーシップ行動項目に関して抽出された4つの因子、「学習・生活面での厳格性」「社会性育成」「学生に対する配慮」「学習への配慮と工夫」から、P、M各10項目ずつのPMリーダーシップ行動尺度を作成。外的基準変数としての看護学生のモラール(クラスへの帰属意識、クラスの運営満足、学校満足、授業満足、学習への内発的意欲、学生生活における規律遵守、学校生活におけるストレスの因子)との関係を検討した。その結果、PM4類型の効果性順位については、ストレスを除く6つの要因についてPM>M>P>pmの順となり、本研究で作成した看護教員のリーダーシップ尺度は一定の妥当性を有するものと考察された。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075172-00001 pdf 807 KB 229  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.05.18
更新日 2018.08.31