<紀要論文>
第一次総裁政府における抵当法「構想」 : 共和暦七年法研究序論

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 1.はじめに, 1.検討の対象, 2.審議に至るまでの経緯, 2.抵当法「構想」提出時における第一次総裁政府, 1.第一次総裁政府の置かれた状況, 2.第一次総裁政府の再建計画, 3.土地手形, 4.レアルによる抵当法「構想」の提出, 3.抵当権「構想」, 1.序章, 2.「単純化及び改良委員会」の目的, 3.抵当権「構想」の理念, 4.共和暦三年法の修正点, 4.抵当証券「構想」, 1.序論, 2.正貨流通助成, 3.金利低下, 4.商業・農業助成, 5.銀行設立, 5.検討 - 抵当法「構想」の意義 - , 1.第一次総裁政府における抵当法「構想」の意義, 2.抵当法「構想」に見る共和暦三年法の影響, 3.抵当権改革史における抵当法「構想」の意義, 6.むすび

本文情報を非表示

KJ00000724455-00001 pdf 3.05 MB 182  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.16