<紀要論文>
冷戦後アメリカ外交と9.11後の世界秩序の行方

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに, 1.ポスト冷戦の世界とアメリカ合衆国, (1).冷戦の終焉とアイデンティティ・クライシス, (2).アメリカ外交における使命感と世界秩序形成, (3).湾岸戦争と「新世界秩序」建設の夢, 2.湾岸戦争と「正義の戦争」論の出現, (1).「新介入主義者」たちとブッシュ政権の戦争目標の限定的性格, (2).クリントン政権の「拡大と関与」と「デモクラティック・ピース」論、「リベラル・ピース」論, (3).ソマリア事件と「積極的多国間主義」の後退, 3.9・11テロとブッシュ・ドクトリン, (1).アメリカ単独主義と超大国アメリカ, (2).アメリカ例外主義の伝統とアメリカ使命感, 4.9・11テロと世界秩序の行方, (1).アメリカ例外主義の克服と他者理解の欠如, (2).9・11テロと「他者性」の生産, (3).世界秩序をめぐる諸問題

本文情報を非表示

KJ00000724423-00001 pdf 2.8 MB 2,087  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.16