<紀要論文>
復帰運動における「沖縄的」アイデンティティと「日本的」アイデンティティの変容と相剋

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに, 1.沖縄戦の終結と「日本的」アイデンティティからの「解放」 - 復帰運動以前の「沖縄的」アイデンティティ, (1).「八重山共和国」, (2).沖縄本島, 2.戦後における「祖国」概念の形成と復帰運動, (1).復帰運動以前の復帰論, (2).革新勢力の復帰論, (3).島ぐるみ闘争と那覇市長問題, 3.復帰運動におけるナショナリズム, (1).復帰運動のイデオロギー的基盤, (2).復帰運動の発展と「復帰」の現実, 4.復帰運動における「沖縄的」アイデンティティと「日本的」アイデンティティの関係, おわりに

本文情報を非表示

KJ00000724317-00001 pdf 1.04 MB 418  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています