<紀要論文>
二〇世紀初頭のドイツにおけるイミッション訴訟・執行手続過程の一断面 : Rassow, Riehl および Kreβの各見解の検討を中心として

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 1.はじめに, 1.問題の所在, 2.判例の到達点の概略, 2.諸見解とその検討, 1.Rassowの見解, 2.Riehlの見解, 3.Kreβの見解, 4.若干の検討, 3.おわりに

本文情報を非表示

KJ00000724316-00001 pdf 1.6 MB 65  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.13