<紀要論文>
代替執行論・覚書(二・完) : 民事執行法一七一条の新たな解釈に向けて

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 第4章.不作為義務の強制執行における除却手続と「適当ノ処分」手続, 1.はじめに, 2.不作為義務違反状態の除却処分手続, 3.将来のための「適当ノ処分」手続, 第5章.「適当ノ処分」の現代的意義:抽象的差止判決の執行手段としての意義について, 1.問題の現況, 2.近時における学説の展開, 第6章.結, 1.代替執行と間接強制の適用順序, 2.不作為業務の強制執行における除却処分手続と適当処分手続の統合化, 3.民法四一四条二項・三項の性質論と「適当ノ処分」の現代的意義, 4.執行裁判所による継続的な執行関与の必要性, 5.その他の課題

本文情報を非表示

KJ00000692790-00001 pdf 1.99 MB 254  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.13