<紀要論文>
官僚制の供給活動における予算編成部門の影響 : 柴田=柴田モデルに対する批判的考察

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに, 1.官僚制と予算規模に関するこれまでの説明, (1).ニスカネン・モデル, (2).ミグェーべランジェ・モデル, (3).柴田=柴田モデル, 2.柴田=柴田モデルに対する考察, (1).柴田=柴田モデルの意義と特徴, (2).復活折衝に対する評価, 3.新たなモデルの提示, (1).効用関数の修正, (2).最適予算水準, (3).交渉の位置付け, (4).行政サービス量拡大の仕組み, (5).裁量的行政サービス拡大に伴う問題, 4.その他の考察, (1).余剰の帰属, (2).予算経費の区別による編成部門の活用の相違

本文情報を非表示

KJ00000745031-00001 pdf 1.81 MB 1,193  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.13