<紀要論文>
民営化法理の類型論的考察 : ドイツ法を中心として

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに, I.民営化理論の変遷と流動的現状, 1.伝統的理論, 2.統一後の民営化現象, II.民営化現象の類型論の展開, 1.類型論の意義と機能, 2.ドイツにおける代表的類型論, 3.類型論に基づく規範的要請, III.民営化に対する規範的要請, 1.憲法上の要請, 2.行政手続的要請, 3.財政法・税法上の要請, 4.契約法理からの要請, 5.民営化の新類型, IV.日本法へのアプローチ, 1.民営化論議の変遷, 2.近時の行政改革論議, 3.民営化の規範的統制, むすびにかえて

本文情報を非表示

KJ00000724213-00001 pdf 3.08 MB 642  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2010.06.17
更新日 2017.01.13