<紀要論文>
フランスの社会保障における社会保障機関の自律性について(一)

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
関連情報
目次 1.問題の所在, 2.自律性及び公役務の意義, 3.社会保障関係機関の法的性格, 4.社会保障における議会の関与, 5.社会保障期間の組織の変遷, 6.社会保障期間の自律性の現状と改革, (1).現時点でジュペプランをとりあげる意義, (2).社会保障期間の組織改革の背景(以上本号), (3).社会保障予算への議会の関与の強化(以下次号), (4).社会保障財政に関する目標・管理契約の導入, (5).疫病保険財政に関する目標の設定, (6).地方病院庁の創設, (7).社会保障期間への監督の強化, (8).社会保障期間の組織の見直し, 7.社会保障における自律性の変貌の背景と労使の態度の現状, 8.フランスの社会保障の自立性に関するまとめ

本文ファイル

KJ00000724208-00001 pdf 2.69 MB 282  

詳細

レコードID
査読有無
地域
主題
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2021.02.19

この資料を見た人はこんな資料も見ています