<紀要論文>
ドイツ容器包装回収制度の研究 : 企業責任と誘導型行政手法に関する一考察

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに - 問題の所在, 第1章.ドイツにおける容器包装回収制度の形成, 1.協調主義の挫折, 2.個別命令による成果, 3.ヨーロッパ法の影響, 4.生産者責任概念の形成, 第2章.ドイツ型回収制度の基本的性格, 1.目標及び適用対象, 2.回収・再利用義務, 3.二元型ごみ処理制度, 第3章.誘導手法としての容器包装回収制度, 1.環境法上の意味(命令の二重の意味・その一), 2.行政法総論上の意味(命令の二重の意味・その二), (a).規範先取型(規範回避型)自己規制と規範付随型(義務免除型)自己規制, (b).目標提示と規制提示型誘導, 3.批判的検討, おわりに.日本型回収制度の比較法的特色, 1.日本容器包装リサイクル法の概要, 2.日本型制度の比較法的特質, 3.誘導手法の発展可能性

本文情報を非表示

KJ00000724207-00001 pdf 1.84 MB 132  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2010.06.17
更新日 2017.01.13