<紀要論文>
ローマ古典法における反対合意について(二・完)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 一はじめに, (一)契約と合意, (二)債権消滅事由, 二反対合意の法的性質(売買における反対合意の検討を中心として), (一)従来の諸見解, (1)反対行為説, (2)後発的合意約束説, (3)二概念合流説, (4)小括, (二)売買における反対合意, (1)関係法史料概観, (2)法史料の分類と分析, (3)受領問答契約と反対合意, (4)反対合意の法的性質に関する試論(以上本巻二号), 三反対合意の要件, (一)従来の見解とその検討, (二)res integraに関する試論, (1)問題の所在, (2)売買契約における反対合意の要件としてのres integra, (3)売買以外の諾成契約におけるres integra, 四おわりに(以上本号・完)

本文情報を非表示

KJ00000724167-00001 pdf 2.57 MB 139  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.09.11
更新日 2017.01.13