<紀要論文>
フランス近代国家形成と知の権力性の集権的制覇 : 第二帝政期における教育闘争をめぐって

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに, 第一章 権威帝政下の教育闘争, 第.一節 ファルー法解釈をめぐる教会と国家の抗争, 第二節 フォルツールの権威主義的教育改革−クーデタ後一年間, 第三節 帝政の教育行政権力の強化−一八五四年六月一四日法, 第四節 技術知の編成−職業教育の促進, 第二章 自由帝政下の教育闘争, 第一節 ルーランの反教権主義的教育改革II第二帝政の構造転換前後, 第二節 デュリュイの自由主義的教育改革, 第三節 近代教育の三大原理の萌芽−一八六七年四月一〇日法, おわりに

本文情報を非表示

KJ00000692586-00001 pdf 3.7 MB 349  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.11
更新日 2017.01.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています