<紀要論文>
フランス近代国家形成における学校の制度化と国民統合 : 七月王政・第二共和政期を中心に

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに, 第一章 七月体制安定化としての教育編成, 第一節 公初等教育改革と社会の階層的構造化, 一 ギゾー法と民衆精神の統合, 二 ギゾー法以後の補充措置, 三 諸教育改革の結果, 第二節 「中等教育の自由」の獲得闘争, 一 教会と「中等教育の自由」, 二 「教育の自由」をめぐる論争状況, 第三節 資本主義の発達と教育改革, 一 産業化の要請と民衆教育の実態, 二 産業化と職業教育の実態, 第二章 第二共和政期の教育改革の両極性, 第一節 カルノーの共和主義的教育改革の理念的大胆さとその挫折の背景, 一 カルノー法案と「教師の共和国」建設, 二 カルノー法案への教権擁護的反動, 第二節 ルイ・ナポレオン大統領下の共和政と教権擁護的教育改革, 一 ファルー法の成立背景, 二 立法議会での論争状況, 三 ファルー法の内容と特徴, おわりに

本文情報を非表示

KJ00000724095-00001 pdf 3.72 MB 204  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.11
更新日 2017.01.13