<紀要論文>
いわゆるセクトをめぐる法律問題(三・完) : 教会・国家関係の新局面

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 第三章 第二節 セクトと宗教活動の自由(以下、本号), 一 原理的問題, 二 先駆的な「エホバの証人」事件とその批判, 三 「ハレ・クリシュナ」事件と「サイエントロジー」事件, 四 ヴィヴィアン報告書をめぐって, 第三節 セクトと宗教団体法, 一 結社の諸形態とセクトの対応, 二 受贈認可制の運用問題, 三 行政判例による制限的解釈−第二の「エホバの証人」事件, 四 「エホバの証人」事件以後, おわりに−わが国での対応, 一 わが国のセクト関係事件, 二 宗教団体法制のあり方

本文情報を非表示

KJ00000692538-00001 pdf 2.2 MB 136  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.11
更新日 2017.01.13