<紀要論文>
いわゆるセクトをめぐる法律問題(一) : 教会・国家関係の新局面

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに−新たな問題領域, 一 フランスの人権論から, 二 新宗教ブーム, 三 本稿のねらい, 第一章 セクトとは何か, 第一節 セクトの概念, 一 伝統的なセクト, 二 現代のセクト, 三 セクトの定義の問題, 四 宗教とセクトとの間, 第二節 セクト現象の背景, 第二章 社会問題としてのセクト現象, 第一節 アメリカにおける「カルト」, 一 教派主義伝統, 二 古典的な「エホバの証人」, 三 最近の「カルト」関連事件, 四 カルト現象への反応, 第二節 ドイツの「若者宗教」, 一 教会・国家関係の特質, 二 「若者宗教」の進出, 三 多面的な法律問題

本文情報を非表示

KJ00000692485-00001 pdf 1.81 MB 551  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.11
更新日 2017.01.12