<学術雑誌論文>
日本語ディベートにおける証拠資料使用の実態に関する一考察 : 証拠能力と証明力についてのアンケート調査をもとに

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 アカデミック・ディベートを行う際、主張の根拠として、出版された文献から証拠資料を引用し、議論を行わなければならない。証拠資料を引用するにあたり、証拠能力(出典の明示、原典からの直接引用、不正引用に当たらないこと)と証明力(証拠資料自体の信憑性、証明しようとする主張との関連性)を判断する必要がある。本研究は、ディベート大会の文字化資料に基づく証拠能力と証明力の検証(張, 2017)に引き続いて、アンケート調査を通じて、証拠資料の使用実態の究明を目的とした。証拠能力に関して、それぞれ「ディベーターが認識している明示すべき出典の項目」「孫引きの使用状況」「不正引用の原因」の三つに分類して考察を進めた。さらに、証明力における証拠資料の「信憑性」と「主張との関連性」の判断について、ディベーターに自己評価回答に考察を加えた。

本文情報を非表示

01cho_05-02 2018 pdf 772 KB 230  

詳細

EISSN
レコードID
権利関係
主題
注記
登録日 2018.05.15
更新日 2018.07.11

この資料を見た人はこんな資料も見ています