<研究報告書>
確率変数がある場合の逓減摂動法の適用について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 さまざまな物理モデルから非線形方程式を導出する方法に、逓減摂動法がある。ここでは、モデルに確率的に変動する量が現れるとき、逓減摂動法を適用する方法を考察し、確率的なノイズを有する具体的な力学モデルに対して実際に応用した結果について適用を試みる。

本文情報を非表示

Article_No_32 pdf 113 KB 155  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
タイプ
登録日 2010.12.11
更新日 2015.12.04