<紀要論文>
ワケギ初夏どり栽培用種球生産における最低気温および加温開始時期が掘り上げ時の生育と鱗茎肥大に及ぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 ワケギ初夏どり栽培用の種球生産においては,冬季の生育停滞を回避して分げつおよびその後の分球を促し,掘り上げ時の種球としての鱗茎数を確保することが重要である.そこで,栽培中の加温温度および加温開始時期が掘り上げ時の生育および鱗茎肥大に及ぼす影響について検討した.その結果,加温温度が高いほど,また加温開始時期が早いほど生育および分球数が旺盛であった.加温開始時期は12 月上旬以前とし,加温温度は燃油量のコストを考慮し2℃とするのが実用的であると考えられた.
It is important to avoid delay of growing in winter and to promote tillering and division of bulbs for increasing number of bulbs in the seed bulb production for spring-harvesting cultivation of Allium × wakegi Araki. Effects of temperature and starting time of heating on growth and bulb hypertrophy were examined. Higher temperature and earlier heat treatments resulted better growth and more number of bulbs. It is practically preferred that heating should be started before the beginning of December and minimum temperature should be more than 2 ℃ in consideration of the cost of the fuel oil.
目次 はじめに
材料と方法
結果
考察
要約

本文情報を非表示

p021 pdf 905 KB 7  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
登録日 2017.10.10
更新日 2017.10.12