<紀要論文>
ワケギ初夏どり栽培用種球生産における暗期中断の時間帯が掘り上げ時の生育と鱗茎肥大に及ぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 3 ~ 5 月に鱗茎を定植する初夏どり栽培用の種球(鱗茎)生産において,3 月の掘り上げ時の鱗茎肥大を促進するため,15 時間日長と同等の鱗茎の肥大促進効果が得られる3 時間の暗期中断の時間帯が鱗茎肥大に及ぼす影響について検討した.その結果,暗期の中央よりやや遅い,日没後の薄明から9 時間後に暗期中断を開始することで,鱗茎の肥大促進がみられ,これを初夏どり栽培の種球として定植すると生育が旺盛になることが明らかとなった.
Effect of time zone of night break treatment for three hours, equivalent to long day (15 hour day length) treatment, on bulb hypertrophy was investigated in seed bulb production for early summer-harvesting cultivation by planting from March to May of Allium × wakegi Araki. It was found that bulb hypertrophy was promoted by night break treatment for 3 hours from 9 hours after twilight after sunset, comparing to that at the center of the dark period, and planting the treated bulbs consequently gives vigorous growth for early summer-harvesting cultivation.
目次 はじめに
材料と方法
結果
考察
要約

本文情報を非表示

p013 pdf 874 KB 13  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
登録日 2017.10.10
更新日 2017.10.12