<紀要論文>
予算の法理に関する基本的考察 : 予算の概念・予算の法的性格・予算周辺の法的問題

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 第1節.予算の概念, 1.予算の制度的概念, (1).日本の場合, (2).ドイツの場合, (3).フランスの場合, (4).イギリスの場合, (5).アメリカの場合, 2.予算の本質概念, (1).計画性, (2).法律性, 第2節.予算の法的性格, 1.予算の法形式的性格, (1).行政措置説, (2).特殊国法形式説, (3).法律説, (4).私見としての特殊法律説, 2.予算の法実質的性格, (1).実質的法律としての予算, (2).予算における計画性と法律性の緊張, 3.歳入予算の法律性, (1).わが予算制度の不完全性 : 歳入に関する二重議決制, (2).租税法律主義イコール永久税主義か?, (3).憲法適合的予算制度 : 歳入予算の法律化, 第3節.予算周辺の法的問題, 1.財政投融資計画, (1).財政投融資計画の法的性格, (2).財政投融資計画と国会の議決, (3).計画実績の公開, (4).予算概念への包摂の可能性, 2.多年度財政計画, (1).予算単年度主義の確立と動揺, (2).二年度予算の試み, (3).中長期財政計画の出現とその法的性格

本文情報を非表示

KJ00000742846-00001 pdf 3.26 MB 402  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
NCID
タイプ
登録日 2010.05.31
更新日 2017.01.10