<紀要論文>
現代英米刑事過失論について(その一)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はしがき, 1.十九世紀以降のイギリス刑事判例における過失概念の発展 : civil negligence と criminal negligence の異質性の追求, 2.十九世紀以降のアメリカ刑事判例における過失概念の発展 : 過失の客観的基準の登場, 3.学説の検討(その一), (1).ターナーの見解 : 結果の予見としての recklessness, (2).ゼロム・ホールの見解 : 過失処罰否認論, (3).ロイ・モーラントの見解 : リスクの理論, 4.学説の検討(その二) : フレッシャーの見解 : ドイツ新過失論の継承

本文情報を非表示

KJ00000742831-00001 pdf 4.01 MB 145  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2012.02.28
更新日 2017.01.10