<会議発表論文>
フォレンジクス支援の為のWeb閲覧履歴構造化手法

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
出版タイプ
アクセス権
概要 パソコンやインターネットの普及に伴い,それを利用した犯罪に対しデジタルフォレンジクスが重要となっている.特にHTML5 の普及に伴いWebStorage にはユーザのブラウジングでの行動が残されており,犯罪立件に有用なデータが残されている可能性があるため,これに対するフォレンジクス調査の実施が今後より重要となると予想される.しかしこの調査は,調査の手法の設定,情報の収集,収集したものの結びつけによ...る証拠の発見に非常に時間がかかってしまう.この調査に要する時間を短縮する必要があり, 本稿ではこれを実現するための,Webstorage 内の対象データの構造化手法を提案する.
With the spread of PCs and Internet, Digital Forensics is very important to investigate the crimes using these. Especially, because of the spread of HTML5, Web Storage records the user's action in Internet, and there might be variable data for a crime prosecution, so Computer Forensics for Web Storage will become more important. But this investigation takes time very much to decide a method, collect data, and discover evidence. In this article, to realize shrtening of the time for investigation we propose the technique of structuring target data in Web storage.
続きを見る

本文情報を非表示

hinokuni-onizuka pdf 1.39 MB 105  

詳細

レコードID
査読有無
注記
登録日 2016.08.02
更新日 2016.09.20