<会議発表論文>
加速度センサを用いたスマートフォンの筆跡認証の性能向上

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 スマートフォン本体の加速度センサを利用して,不安定な入力環境における署名認証の精度を向上させる手法を提案する.スマートフォンの普及により個人情報や業務関連情報など機密情報を携帯する人が増えている.多くのスマートフォンでは,紛失や盗難時に,これらの機密情報を保護するために簡易なパスワード認証が用意されているが十分とは言い難い.より安全性を増した認証方法も提案されており,その一つに署名認証がある.しか...し署名入力時に本体の揺れが影響し意図しない入力となることがある.我々の提案手法では,スマートフォンに搭載された加速度センサの情報を取得してデータを補正する.その結果,他人受入率を上げることなく本人拒否率を最も良い場合で56.3 %から43.8 %に減らすことができた.
In this paper, we proposed a method which improves precision of the signature verification in smartphones by acceleration sensors while the smartphones are in unstable environments. People carry confidential information into smartphones. However, we have a risk that leakage of such information with loss of smartphones. Although many smartphones have verification with the password, these verifications are not secure enough. Hence, some more secure verification methods than the password are proposed. The signature verification is one of them. It has tolerance for shoulder hacking. Unfortunately, input data for such verification is distorted with a swing of smartphones caused by unstable environment (e.g. during walking). We correct data with an acceleration sensor put on the smartphone. As a result, we reduced the false rejection rate of verification to 43.8% from 56.3% without gaining false acceptance rate.
続きを見る

本文情報を非表示

hinokuni-nishigori pdf 651 KB 148  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
登録日 2016.07.29
更新日 2016.09.13

この資料を見た人はこんな資料も見ています