<会議発表論文>
攻撃検知のための端末非依存型システムを実現するOpenFlowコントローラの実装と評価

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本手法では,ネットワーク仮想化技術であるSoftware-Defined Network(SDN) を用いてネットワークの監視を行い,端末に対する攻撃を検知する方式を実現した.提案手法では,スイッチ間でエージェントを送受信し,端末の通信状況に応じてエージェントを制御することで攻撃検知を実現している.SDN は各端末の通信を監視すると共に,エージェントの制御を行う.SDN が検知システムの制御を行う...ことにより,個々の端末への通信解析・攻撃検知用ソフトウェアの配備が不要となる.これにより,リソースや環境に依存しない汎用的な攻撃検知システムを実現することが可能となった.
In this paper, we introduce a method of monitoring networks and detecting attacks for each host using Software-Defined Network (SDN), which is a network virtualization concept. In our method, each switch sends and receives agents to detect attacks by controlling agents based on hosts communication. SDN monitors each host communications and controls each agent at the same time. SDN's analysis of every con-nection makes attacks detection independent of host resources or environments, where SDN omits software introduction for network analysis and attacks detection procedure. Therefore, our method is a versatile system, which is independent of resources or environment.
続きを見る

本文情報を非表示

hinokuni2015-miyazaki pdf 1.24 MB 157  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
登録日 2016.07.29
更新日 2016.09.12