<会議発表論文>
モバイル端末における署名認証のための入力環境情報を用いた改良型DTW

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年注目されている生体認証の一つである署名認証の照合に用いる DTW を改良し,スマートフォンにおける署名認証の精度を向上させた.スマートフォンで利用可能な生体認証の一つに署名認証がある.しかし署名認証には不安定な入力環境から受けるノイズが認証精度を下げる原因の一つとなっている.我々はそのノイズの影響を署名入力時の環境情報を用いて削減する手法を提案してきた.従来の手法では, 一度の署名入力に対して...一度のノイズしか補正出来なかったが,本論文では, 署名検証に用いられている DTW アルゴリズムを改良し署名入力中ノイズを補正する方法を提案する.また,実データを用いて実験を行い最適なノイズ補正方法を検証する.
We modify Dynamic Time Warping (DTW) algorithm which is used for signature certification so that the DTW algorithm considers environmental noise. Signature certification is one kind of biometric authentication and has attracted attention in mobile devices. However, environmental noise such as noises from unstable inputs is one of the problems in signature certification and they cut down on authentication precision. We introduced a method to reduce such noises using environmental information at the time of the signature input. By the conventional method, we achieved to cut down one pulse noise for one signature input. In this article, we improve previous work and introduce a modified DTW algorithm to correct noises during the signature input. We also evaluate proposal and inspect it with real data.
続きを見る

本文情報を非表示

IPSJCSS2015120 pdf 394 KB 279  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
注記
登録日 2016.07.29
更新日 2016.09.26