<紀要論文>
第三者による遺産の管理(一) : 相続における清算的要素の導入の景気としての遺言執行者の権限の検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 第1.問題の所在, 第2.遺言執行者の権限に関する判例の分析, 1,受遺者と相続人間の争い, (1).受遺者から相続人に対する場合, (a).遺贈の目的たる不動産の登記抹消請求(1)-(2), (b).遺贈の目的たる不動産の所有権移転登記請求(3)-(4), (c).金銭債権の遺贈の場合の受遺者による給付請求,(5)-(7), (2).相続人から受遺者に対する場合(8), 2.遺言執行者と相続人間の争い, (1).遺言執行者からの相続人に対する場合, (a).遺言執行者から相続人に対する遺贈の目的たる不動産の登記抹消請求(9)-(11), (b).遺言執行者から相続人に対する遺贈の目的たる家屋に関する明け渡し請求(12), (2).相続人から遺言執行者に対する場合, (a).遺言無効確認の訴(13)-(16), (b).遺留分権利者の包括遺贈減殺の意思表示(17)(18)

本文情報を非表示

KJ00000694878-00001 pdf 2.92 MB 549  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
NCID
タイプ
登録日 2010.05.31
更新日 2017.01.06