<紀要論文>
超多数債権者の保護

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 1.はしがき, 2.超多数債権者につき考慮すべき視点, イ.画一的債権か個別的債権かによる考慮, ロ.債権の性質からの考慮, ハ.債権の期限の長短からの考慮, ニ.組織性の有無からの考慮, ホ.債務者の性格のよる考慮, ヘ.同時に債務者性格を保有する場合の考慮, 3.保護方法の具体的吟味, イ.債権発生時における保護, (1).不健全債権発生の予防, (2).応募者の誤判断からの予防, (3).大衆応募の敬遠策, ロ.資金・資産運用の規制による保護, ハ.債権担保の面での考慮, ニ.契約条件の不利益変更の禁示, ホ.代表監視人・行政監督, (1).代表監視人の設置, (2).行政監督による債権者保護, ヘ.抜け駆け防止・平等満足への配慮, ト.責任の厳格化による保護, (1).民事責任の厳格化, (2).刑事・行政責任の厳格化, 4.結び - 改善策

本文情報を非表示

KJ00000694877-00001 pdf 2.47 MB 211  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
NCID
タイプ
登録日 2010.05.31
更新日 2017.01.06