<紀要論文>
ソビエト刑事学の一側面 : 現代アメリカ刑事学における犯罪原因論批判

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 まえがき, 1.アメリカにおける犯罪現象と刑事学, 1.アメリカにおける犯罪現象の特徴, 2.刑事学的研究の性格と傾向, 2,アメリカ刑事学における社会学派理論, 1.犯罪の「理論学的」要因, 2.犯罪の「個人的」要因, (イ).年令・性別, (ロ).人種・民族, 3.犯罪要因としての若干の社会問題, (イ)アルコール中毒・麻薬使用, (ロ)移民, (ハ).都市化, 4.新聞雑誌・映画・テレビの犯罪への影響, 5.「集団」の概念とそれに関連した犯罪原因論, (イ).犯罪要因としての家庭, (ロ).「生態学的」概念構成, (ハ).「社会解体」と「文化」の観点からの犯罪原因論, (ニ).「分化的接触」の理論, 6.犯罪者の階級所属と財産状態, 7.社会学派による犯罪予防プログラム, 3.アメリカ刑事学における生物学派・心理学派理論, 1.人類学派, 2.内分泌腺理論, 3.犯罪者=精神薄弱者の理論, 4.特別の心理学的類型としての犯罪者の理論, 5.フロイド主義の理論, 6.社会心理学派, 7.生物学派・心理学派による犯罪予防プログラム

本文情報を非表示

KJ00000742782-00001 pdf 2.9 MB 214  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
NCID
タイプ
登録日 2010.05.31
更新日 2017.01.06