<紀要論文>
旧九州大学樺太演習林の現地調査結果について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 九州大学演習林は,実際は,1912年(大正元年)当時の樺太演習林から始まり,続いて台湾,朝鮮の演習林が設置されている.すでに,「旧台湾演習林」,「旧南鮮演習林」に ついては調査が行なわれており,ロシアの「旧樺太演習林」の調査が待望されていたところであるが,1年半の準備期間を経て1999年9月に現地調査が実現した. まず,現地調査の経緯や調査日程,旧樺太演習林の変遷,旧事務所跡地の変貌など,現 在の...サハリンの事情をまとめた.次いで,旧樺太演習林とその周辺について,50数年経 過した植生の現状と樺太演習林当時の植生調査結果および北海道の植生との比較を行って, 植生変遷の実態等についてまとめた.さらに,旧樺太演習林が如何なる管理状況に置かれているかを理解するために,最近のサハリンの国有林経営・管理の実態について資料を作 成した.また,九州大学施設部に保管されていた旧樺太演習林の建造物の図面を複製し, 解説を加えた. 以上のように,1999年9月に行われた旧樺太演習林の調査について,経緯,訪問先, 演習林の変遷,植物相,林業事情等をまとめて,将来のサハリンにおける森林・林業研究 の資料とした.続きを見る

本文情報を非表示

p093 pdf 2.78 MB 198  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.06.16
更新日 2017.10.26

この資料を見た人はこんな資料も見ています